勝ち組と負け組でこんなにも違う!「なくなってもいいお金の使い方」

pick up

良くギャンブル、投資で使われる表現の一つが、「なくなってもいいお金」という表現です。

しかし、この表現、勝っている人と負けている人で全く意味が変わります。

いくつかの事例を見ていきましょう。

勝ち組はリスクを限定し、負け組はリスクをばらまく

勝ち組が無くなってもいいお金を使うときは、期待値を追っかけるときのマイナス額の確定の意味があります。

負け組が無くなってもいいお金を使うときは、とりあえず使います。

勝ち組は局面を待ち、負け組はベット数が増える

勝ち組は一瞬のタイミングを待ちますが、負け組はどうせなくなっていいからと奔放にベットしていきます。

勝ち組は淡々と、負け組は投げやりに

勝ち組はなくなっていいお金を使うときに淡々と使います。

その分リターンを最大化します。

負け組はなくなってもいいお金を投げやりに使います。

負けた時に勝ち組は淡々と、負け組はぐちぐちと過ごします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました