おっさんのパチ懐古~山佐「ナイツ」~

ギャンブラー通信

当サイトのカエルさんがオンカジのパチ記事をそのうち書いていくと思うので、こちらはこちらで昔の機種を懐古していくコーナーを作ろうと思いました。

今日は、人生で始めてハマったスロット機種について。

汝その名はナイツ

ナイツ | パチスロ・天井・設定推測・ゾーン・ヤメ時・演出・プレミアムまとめ
ナイツ(山佐)の詳細仕様、攻略法などを詳しく解説

パチスロ観って皆さんそれぞれだと思うんですが、私はとにかくあたりが軽い機種が好みで、たくさん7をそろえたい人でした。

その点この機種は秀逸で、最低設定でも199分の1で7がそろい、最高設定だと119分の1で7がそろいます。

もう負けようがないって思うんですが、コイン持ちがそんなに良くないこと(メイン子役が確か6枚だった気がします)、REGがなく、BIG/HYPERBIGの2種類で、BIGはエスパーゲーで分散するのでそこがネックでした。

ただ、リール横のランプがついている時は、100%HYPERBIGで、なおかつ終了後60ゲームちょいは確定で当たればHIPERBIGでした。

確か平均継続150Gくらいあったはずなので、設定6だと一回HYPER引いたらお祭りって感じです。

当時はそこまで店のリサーチしてなかったので、6は打ったことろないですが、まあ楽しい台でした。

リールとライトもきれいで、キングパルサーにも使われた筐体でしたね。

で、音楽が神。

これは普通のBIGで、ボーナス図柄の三択が当たった時だけ15枚役がもらえるというチャレンジ使用にふさわしい名曲。

私の最低獲得枚数はー6~8枚、最大獲得が300枚ちょい、スペック上の平均が180枚なのでかなりのエスパーと逆エスパーってことですね。

初心者でも遊びやすかった

ボーナスがそろいやすいという事と、BIG中の打ち方が簡単だったので、初心者が始めるにはかなり良い機種だったと思います。

HYPERは全てナビ通り押せばよく、逆押しで消化して←リールにボーナス図柄狙うだけ。

リールフラッシュやバウンド時しかスイカがほぼそろわないため、通常時は左上にボーナス図柄狙っていればよく、何ならBAR狙ってれば1リールでスイカが否定できるのでめちゃ楽です。

また、フラッシュと対応薬の法則を覚えれば、予告音やフラッシュに応じて狙うと熱いポイントが結構あり、それを覚えるのもそこまで苦じゃないというのがまた良かったです。

5号機のやつはちょっと打つ気がしなかったですが、いつかどこかでホールでまた似たような機種が出たらうれしいです。