リスクを人に押し付けるパチスロ昔話

カジノ/ギャンブル

現在スマスロ導入を控え、パチ業界が盛り上がるんじゃないかという期待を持っている人もいたりいなかったりすると思います。

あんまり筆者はメジャー台にいかなったタイプ(だから業界からお金が抜けたらやることが無くなったので引退)なので、あんまり人がやらないことをやっていた可能性があります。

それをなんらかのギャンブルに活かせる人がいるかもしれないので、備忘録としておいておきます。

その1,

魔法のハイビスカス0Gやめ

魔法のハイビスカス | パチスロ・天井・設定推測・ゾーン・ヤメ時・演出・プレミアムまとめ
魔法のハイビスカス(パイオニア)の詳細仕様、攻略法などを詳しく解説

魔法のハイビスカスというマイナー寄りの台が4号機にはありまして、天井が499Gという意味不なストック機でした。

ボーナス放出ごとにモード移行抽選をして、設定によってその振り分けが変わるってやつです。

[各モード毎のST解除確率]
●ノーマルAモード:1/128
●ノーマルBモード:1/256
●チャンスモード:1/512
●地獄モード:1/8129
●魔法モード:1/32
●大魔法モード:1/32

となっていて、6は128分の1のAモード、連荘の魔法モードに合算で6割以上滞在しているため、基本的に淡々とあたり、チャンスモードからの天井を喰らっても連荘モードに飛ぶため、ノーマルモード中の天井の数×nが下振れになるという安定マシンでした。

6には結構お世話になりました、まる。

で、前述したように天井がめちゃ浅いうえ、368~495の間で振り分けられる(前兆4G)ので、天井狙っていくのもかなり小銭が拾える台でした。

まあ理想は300前後まで行った台を拾い続けることですが、これはマイナー機です。

そんな環境はほぼありません。

なので、この環境を続けるためには、回してくれる人、言い方がアレですけれど、リスクを請け負ってくれる人が一定数いてくれることが条件になります。

リスクを受けをってくれる人を集めるには、リターンがちらついている必要があります。

おあつらえ向きに、この台はチャンスOR地獄→連荘に飛ぶ仕様になっているため、天井から連荘する可能性がちょぼちょぼあります。

なので、そこからの連荘を体験してもらって、そういう人たちがおいしいと思ってくれる環境を作れば共生できるのではないかと考えてやってみました。

店とそこに来ている客層読みが必要になるため、どこでも通用しないと思いますが、新台時期が終わった後に3か月くらい一日7、8台天井期待値のある台を拾っていた(いうて250~280G)ので、まあ上手くいったのではないかと思います。

方法はシンプルで、当たったら0Gでやめます。

ノーマル→地獄のリスクを避けつつ、0で座って味を占めた人が定期的に島にくるという形が作れたのではないかと思います。

なぜそう言えるかというと、マイナー台で回遊するよりもっと台数が多い奴を狙ったり設定をつもったりする方が当時の期待値が高かったこと、いつも座るメンバーの何人かが固定化されたこと、こちらが打てるところに毎回ちょうどおぜん立てされていることでした。

たぶん真似してやったレク勢がBIG一回分のましてる時もあると思います。

結果一台3000円くらいで7,8台回れたのでなかなか良い小遣い稼ぎでした。

デスバレー1OR16Gやめ

やはりモード管理の大量獲得ストック機です。

演出のシンプルさと音楽のカッコよさに撃ち抜かれて、この台のおかげで吉宗は通算で4回くらいしか打ったことがない位はまってました。

設定狙う以外にも美味しいポイントが大量にあるのですが、今回は0やめと16Gやめです。

この台、設定変更すると384G以内に必ずBIGが成立するという仕様になっています。

そして、256~320G間は絶対当たりません。

なので、イベントの翌日に変更狙いをして、BIGひいたら1やめという事をしていました。

1G回すのは、DZという96位内に連荘する告知がまれにあったからです。

つぎに16G回し、これは天井狙って行ったときにDZランプがついていない時に、16G程度回して全長煽りを見るというオカルトです。

この台に関しては、打てば良さがわかるって思っていたので、これで誰かしら連荘してはまってくれるならそれはそれでいいやって感じです。

教訓的なもの

勝つことが目的でギャンブルをやる人は多いと思います。

再現性が高い方が長期間勝つことができますが、その環境をこそこそ作ったり、既存の中から小銭拾いをして行くと、あんまり競争しなくても勝てることがあるのではないかなと思います。

特に、攻略法を課金して手に入れるというのはリスクが高いので、いろいろ想像しておいて、その後試すとよいのではないでしょうか