養分英雄伝説第5話「終わらぬ買い増しの沼~ナンピン地獄へようこそ~」

ぱおにゃんブログ

前回までのあらすじ

かつてない相場の急変動で混乱したぱおにゃん。

あまりにも動揺した結果、損切をしないという判断に踏み切ってしまいました。

しかし日ごとに不安は募ります。

不安を拭い去るために出会ってしまった手法とは…

ぱおにゃん
ぱおにゃん

「ナンピンってなんだ…?」

ナンピンとは損切をせずに買い増しを行う手法のことです。

買い増しによって購入価格の平均値が緩和されるので、まるで損失が少なくなったように錯覚してしまいます。
例えば1ドル100円で買ったが、70円まで価格が下がってしまっとき30円の損失を抱えた状態(以下含み損)になります。

この70円の時点で更に1ドル買い増しすることをナンピンと言います。

手持ちは2ドル、平均価格は100円+70円÷2=85円。

ぱおにゃん
ぱおにゃん

ナンピンして、価格が下落した分の半分でも戻れば損失はゼロだ!

手持ちが1ドル100円の時に価格が70円だと、含み損は30円でした。

価格が100円に戻れば含み損は0。トントンです。

手持ちが2ドル85円の時に、価格が70円の時、含み損は15円です。

価格が85円に戻るだけで、含み損は0。

更に価格が100円に戻ったら15円の得になります。

ぱおにゃん
ぱおにゃん

神手法じゃん!!!!!!

彼は飛びつきました。

これで拡大する不安が消え去ります。

ぱおにゃん
ぱおにゃん

これで一番最初に【買った価格まで戻れば】ボロ儲けだぜ!!

彼はこの時気付いていませんでした。

価格が戻れば損失は減少し、平均価格を上回れば利益になります。

しかし、それはあくまでも【買った価格まで戻れば】という前提に基づいているのです。

【価格が戻らなかった場合】果たしてどうするのか…?

やがて彼は気付くのです。

ナンピンという手法最大の弱点に…

次回養分英雄伝説第6話「ナンピン地獄からの悲痛な叫び~助けて神様!~」

養分の歴史がまた1ページ