養分英雄伝説外伝・破滅思考(ティルト)の進撃

カジノ/ギャンブル

勝ち申した!

元来素直で努力家のぱおにゃんは、ポーカーをこつこつプレイしました。

成長を実感しては負けを何度も何度も繰り返し、3ドルまで減った資金を130ドルまでふやすことにせいこうしました。

はなころ
はなころ

えらい!

わーい!

しかし、そんな時歯車がふと狂います。

あーやられた!今のは取り返さないと…

驀進連勝街道がストップし、アンラッキーで資金を少し減らしたぱおにゃん。

今まで地道に戦っている時には影を潜めていた、メンタルブレイクが突如やってきます。

ついてない!イライラする!取り返さないといけないのに!

いつの間にかいい加減なプレイや、普段しないミスが積み重なっていきます。

うわー!助けて…

気が付けば視界はぐるぐる、神に救いを求めます。

神さまどうか、どうか、k(JASRACの壁)

多様な価値観の時代、神の定義は様々です。

具体性に欠ける願いの前に当然神は来ません。

ついに精神の安定を保てなくなったぱおにゃん。

そんな彼のもとにあいつがやってきます。

やあ、また会ったね

お、おまえはティルト!

そうティルト。

かっとなって理性を失った、いわゆるやけくそメンタルの人にしか見えない神です。

ぱおにゃんの願いに応えてきたのは、神は神でも疫病神でした。

米津玄師が憎い、心の底からぱおにゃんは思いました。

ぱおにゃんよ、何を学んできたのです。
君がすることは何ですか?
ムキになってレートを上げることですか?今までのプレイを雑にすることですか?

はっ!そうだ!

ぱおにゃんは気が付きました。

今まで勝てるようになったのは、雑な運勝負に逃げずにコツコツ勉強し、コツコツやってきたからです。

それで…いいのです

ちっさいレートから僕やり直すよ!ありがとうティルト、ごめんな米津玄師!

ようやく自分を取り返したぱおにゃん。

彼の逆襲がはじまるのであった。

次回「ぱおにゃん死す」

デュエルスタンバイ!

そうならないように勝ち申す!